バストが小さい人と大きい人の着物の補正の仕方

洋服と異なり着物は体より長く、大きな一定の形をしています。着物が長いのには理由があり、腰に締める紐によって機能と役割を上下に分ける着方をすることで、歩いたり座ったりするといった上半身と下半身の動きを可能にします。着物を着ていると着くずれや帯の緩みが起こることがあり、それを防ぐには補正が必要になります。またウエストが細い、お腹が出ている、腰回りが薄い、胸が小さいといった様々な体型も補正で解決することができます。バストが小さい人の場合は、胸元にシワが寄りやすいため、さらしと脱脂綿などで少し補うと胸のシワが解消します。特に礼装の着物の場合は着姿全体が華やかになります。逆にバストが大きい人の場合には、胸を押さえるための既製のものがあります。野球の審判の胸当てに似た形状のもので、それを使用するとなだらかな胸になります。また、紬の着物は生地がかためなので、どちらの場合でも胸の補正はほとんど必要がありません。