男性の普段着着物の着付け方

男性の普段着着物は、カジュアル感覚でオシャレを楽しむとよいでしょう。
男性は長襦袢を着て襟は後ろ首にピッタリつけるようにして、前は少しゆとりをもたせて合わせてから、腰ひもをしますが、後ろで少しゆるみをもたせておくようにします。着物をはおって、長襦袢と着物の袖を揃えてから、袖山を合わせて背縫いを背中央に決めます。腰骨あたりの位置を持つようにして、下前を入れますが、半襟を約1センチ出しながら合わせて、上前も下前と同様に合わせます。襟元は少しゆとりをもたせるようにしておきます。腰ひもはお腹を押さえるようにして腰骨の上から当てて、後ろに回してから、後ろ上がりに交差させて脇でしっかりと締めるようにします。中央を避けて、脇寄りで結んで始末します。後ろ襟が浮かないように、腰ひもの上に少しゆとりをもたせるようにして、男性着物の着付けの出来上がりです。帯結びに入る前に、もう一度襟元を確認しておくとよいでしょう。